Linen Style

東京のすみっこでのシンプル暮らし

“籠城”すると決めた我が家の防災用品

3月と9月は、防災用品のチェック月にしています。

 

防災用品、避難グッズは、かなり昔から備えてきたけれど、

なんかしっくり来ないままだったんです。

 

というのは、「避難」する状況がイメージできないから。

 

でも、犬が来たことと、今回の引っ越しで方針が決まりました。

 

今の住まいの地域で、避難するような災害は考えにくいこと。

もちろん何が起こるかわからなけど、

少なくとも川の氾濫などで家が浸水したりという可能性は低い。

家は新しいので、現時点での最新の耐震基準は満たしているし。

 

中型犬がいるから、人が大勢いる場所には行きにくいこと。

そして、この地域は避難場所のキャパが小さいらしく、

できるだけ自宅にいるように勧められているのです。

 

そんなことを考えて、我が家は基本、“籠城”することにしました。

 

f:id:linenstyle:20190901131108j:plain

 

そう決まると、必要なものがイメージしやすくなりました。

 

まずは避難グッズ。

緊急避難するときは、例えば火災。

犬を連れ出し、状況次第では

リュックに貴重品などを放り込んで脱出します。

 

ということで、リュックには

・筆記用具やばんそうこう、マスク、ティッシュ、カイロ

・靴下、軍手、タオル

・懐中電灯、保温用のストール

…など。

 

貴重品もまとめてサッと入れられるようにしています。

 

f:id:linenstyle:20190901131558j:plain

 

そして、籠城用グッズは納戸のボックスの中。

 

家にいるわけだから、あるものを使えばいいんだけど、

一応防災用品としてあった方がいいかな、

というものを少し入れています。

 

f:id:linenstyle:20190901131732j:plain

 

保温用シートや水タンク、簡易トイレ、

非常食などです。

 

食料はいつも食べているものがキッチンにあるので、

それでいいけれど、念のため非常食も準備しています。

 

ローリングストックっていう方法も最近はよく言われますが、

缶詰でも乾物でも、食材を使いきってしまう習慣がある私には、

あんまり向いていなくて、やっぱり専用の非常食が必要みたい。

 

これをみてちょっと少ないな、と思ったので、

買い足しておくことにしました。

 

この他に長期保存水も置いています。

 

食品の賞味期限、カイロの使用期限をチェックして、

懐中電灯の動作確認をしたら、終了。

 

普段はぬぼ~っと過ごしてても、

こういう日があると気持ちが引き締まります。

 

 

 
応援ポチッとしてくださると嬉しいです♪ ありがとうございます! にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村