Linen Style

東京のすみっこでのシンプル暮らし

コンタクト復活と、意外な解決方法

年末の慌ただしいときに、

わたしの「メガネ騒動」の顛末をお読みくださって、

ありがとうございます…。

 

私にとっては切実な問題でして。

 

さて、前回の続きですが。

 

 

www.linenstyle.site

 

本を読んだり、近くの小さい文字を見るときと、

楽譜など、少し離れたところの字を見るとき、

これを分けて考えなきゃいけないんだなぁ~と知ったところです。

 

f:id:linenstyle:20191229132541j:plain

 

まずコレ。

 

前から愛用しているクリップオンメガネです。

これは近視用メガネの上からかけられるので、

すごく便利。

 

でも、サッと見たいときに、いちいちメガネケースから取り出すのは

ちょっと面倒に感じます。

 

で、夜寝る前の読書用にしました。

ベッドサイドに常駐させることにしています。

 

f:id:linenstyle:20191229132813j:plain

 

首にかけておけるクリックリーダーは、

いつでもパッと掛けられるので、家にいるときはこれが便利。

 

ただ、やっぱりカッコ悪いから、家の中限定です(笑)。

 

f:id:linenstyle:20191228134239j:plain

 

Jinsで最近買った、近視用メガネの上に、

マグネットで付けられるリーディンググラスは、すごく画期的だと思いました。

 

これで決まりかー? と思ったけど、デザイン展開が少なくて、

私には大きすぎたみたいです。

 

そして、遠くがくっきり見えるようにと、

近視用メガネをつくり直して、

さらに近くの文字をくっきり見えるようにと、

リーディンググラスの方も強めにしたんですが…。

 

今度は楽譜が見えなくなりました。

 

やっぱりコンタクトレンズにして、

リーディンググラスを用途別に持つことにしよう、と、

近所の眼鏡屋さんに駆け込みました。

 

f:id:linenstyle:20191229133623j:plain

 

眼科で困っている状況を詳しく話したら、

なんと、近視用コンタクトレンズの度を弱くすることを

提案されました。

 

私は車を運転しないし、遠くは支障のないくらい見えればいいんだな、

と気づきました。

 

弱めのコンタクトに、弱めのリーディンググラスを合わせて、

楽譜を見る距離で調節してみました。

 

これで解決したんです。

 

遠くを見るとき、読書するとき、楽譜を見るとき、

違うパターンで合わせるのは面倒ですが、

どのパターンも不自由なく快適でいられるには、仕方ないですね。

 

この話、どなたかの参考になるといいんだけど…。

(レアケースでしょうか?)

 

 

にほんブログ村テーマ シンプルライフへ
シンプルライフ

 

↓ のウクレレをポチッとしてくださるとランキングに反映されます。

 ありがとうございます♪ 励みになります!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村