Linen Style

東京のすみっこでのシンプル暮らし

久々に買って読んだ本

毎晩、寝る前に本を読むのが長年の習慣。

 

ずーっと図書館が閉まっているので、

この頃は「読む本がない~」の状態でした。

 

そんなこともあり、久々に買ってみた本をご紹介♪

 

f:id:linenstyle:20200412131320j:plain

 

「葵の残葉」奥山景布子

  

葵の残葉 (文春文庫) [ 奥山 景布子 ]

 

 

幕末ものはもともと大好きで、いろんな作品を読んでます。

これは、4兄弟が官軍・幕府に分かれて戦う運命となった、

藩主たちの話。

 

戦い終えて、4人が並んだ実際の写真が掲載されていて、

感慨深い読後になりました。

面白かったです。

 

 

「メインテーマは殺人」アンソニーホロヴィッツ

 

 

メインテーマは殺人 (創元推理文庫) [ アンソニー・ホロヴィッツ ]

 

 

これは夫が買った本。

 

ポワロや「刑事フォイル」などたくさんの作品の脚本家でもある、

アンソニーホロヴィッツのミステリー小説です。

 

夫婦とも英国ミステリードラマのファン。

この作品は正統派ミステリーという感じで、

あっと驚くものはなかったですが、ついつい読まされてしまいます。

 

 

「発注いただきました!」朝井リョウ

 

  

発注いただきました! [ 朝井 リョウ ]

 

 

これは私にしては、ちょっと毛色が変わった選択…。

 

朝井リョウさんが、色々な企業から依頼を受けて書いた作品集です。

 

「お題」を受けて、どんな風に作品にするのかを知りたくて、

自分の勉強のために読んでみました。

 

私も「お題」をもとに文章を書いたりする機会があるので、

参考になればいいなぁと。

 

 

それからいま、母に貸し出し中ですが、

こんな本も読みましたよ。

 

 

ケーキの切れない非行少年たち (新潮新書) [ 宮口 幸治 ]

 

 

「ケーキの切れない非行少年たち」

 

新書なので、深く掘り下げた内容ではありませんが、

なるほどなぁと思うところはたくさん。

勉強になりました。

 

 

早く図書館が普通に開いている暮らしに戻りたい。

そのためのお籠り生活、頑張りましょう~。

 

 

 

↓ のウクレレをポチッとしてくださるとランキングに反映されます。

 ありがとうございます♪ 励みになります!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村