Linen Style

東京のすみっこでのシンプル暮らし

私が写真を整理するワケと、手放す基準

今日にも首都圏の緊急事態宣言が解除されそうということ。

なんかあまりにも前振りが長くて、

すでに解除されているムードを感じますが…。

 

さて、この自粛期間中に、写真の整理をしたことを書きました。

 

 

www.linenstyle.site

 

写真って、整理好きな私でも、なかなか難しいアイテムです。

 

一気に少なくできなかったので、

年数をかけて段階的に進めていったんです。

 

おおよそですが、捨てる写真を決めるとき、

こんな基準を考えました。

 

① 自分がピンぼけだったり、イマイチな顔で写ったりしている

② 思い入れのない集合写真で、自分がわからないくらい小さい

③ どこの場所か思い出せない

④ 一緒に写っている人が誰か思い出せない(← 意外とあった)

⑤ 同じような写真は一番いいものだけにする

 

自分なりに基準をつくったおかげで、

ここまではサクサク順調に減らせました。

 

迷ったのは次の段階。

 

自分の子ども頃の写真です。

 

私は両親にとって初めての子だったためだろうけれど、

子どもの頃の写真がものすごく多くて。

赤ちゃんの頃は毎日のように撮ったんだろうなぁと思います。

 

f:id:linenstyle:20200525085613j:plain

 

犬でさえ、こんなに撮っちゃうんですからね…。

わかるわかる。

 

当時は当然、フィルムで、昔はフィルム代とか現像代も

結構かかっていたんだろうと思います。

いまのように気軽に写真を撮れたわけじゃなんいですよね。

 

そう思うと、子どもの頃の写真の整理は結構悩む。

 

ただ、私自身は自分の子ども時代の写真、特に就学前なんて、

覚えてないし思い入れもない。

 

子どもの写真は親のためだと感じますが、

母は私が一人暮らしをするときに、

アルバムを全部持たせました。

自分はもういらなかったらしい…(笑)。

 

ちなみに母も整理大好きです。

 

数年かけてじっくり考え、自分の子ども時代の写真を

「また見たときに、ああ、あの時のねと思い出せるもの」

だけにしました。

 

f:id:linenstyle:20200525090159j:plain

 

ルークの写真は振り返って何度でも見たいので、

ケースから出してファイルに入れました。

 

たぶん「親」の気分。

 

ところで、写真をなぜ減らしたいのか書き忘れましたが、

やっぱり私は、「持っている意味のあるもの」を持ちたいからなんです。

 

ちょっとリクツっぽいけど、

漫然とただ持っているだけなのに、かさばるものって、

どうも苦手。

 

だから1枚1枚、持つ意味のある写真を選んでおきたいんですよね。

 

そんなわけで、かなーり気の重い作業になりましたが、

今回はこれでいったん終了です。

 

 

 

にほんブログ村テーマ シンプルライフへ
シンプルライフ

 

にほんブログ村テーマ 整理収納へ
整理収納

 

にほんブログ村テーマ すっきり暮らすへ
すっきり暮らす

 

 

 

↓ のウクレレをポチッとしてくださるとランキングに反映されます。

 ありがとうございます♪ 励みになります!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村