Linen Style

東京のすみっこでのシンプル暮らし

最適なゴミ箱って…

東京23区から多摩地域に引っ越して、

大きく違いを感じたことのひとつが、ごみの分別。

 

23区時代は楽だったー。

高性能(?)の焼却炉があるらしく、

ほとんどが「燃やせるごみ」でした。

 

新居では、分別が細かくてなかなか覚えられず、

しかも有料です(指定のごみ袋が高い)。

 

そんな事情に対応するために買ったのがコレ。

 

f:id:linenstyle:20201009121038j:plain

 

タワーのごみ袋スタンド。

(目隠しのために黒い紙を付けてたんです)

 

有料の袋にめいっぱい詰めたいので、

箱型のものじゃなく、下がスケルトン状になっているものに。

 

これでパンパンにまで詰められるし、

ごみ箱の掃除も不要と、一石二鳥です。

 

でも、不具合が出てきました。

まず、脚がすぐグラグラしてくる。

ビスで留めているんだけど、何度締めなおしても、またグラグラ。

 

それと、開閉頻度が多いので、フタが欠けました。

全体にきゃしゃなつくりですねー。

 

もっとも、ペットボトルとか缶などの、

そんなにしょっちゅう捨てないものを想定しているだろうけど、

我が家では燃やすごみとプラごみ用にしているから、

酷使しすぎたかもしれません。

 

前置きが長くなりましたが、

このごみ箱のストレスをなくそうと、自作に踏み切ったんです。

 

f:id:linenstyle:20210409141534j:plain

 

板を筒状に組んで、ペイントし、

キッチンの壁に設置してみました。

 

タワーのごみ袋スタンドの形はいい、と思ったので、

その形を参考に、DIYでできるものを作成。

 

相変わらず雑な仕上がりなんだけどね。

 

f:id:linenstyle:20210409141737j:plain

 

外側にビスを付けて、そこに袋を引っかけています。

 

フタはとりあえずは紙で。

また何か考えようと思っていますが…。

 

宙に浮いているので、床掃除も楽ちん♪

 

f:id:linenstyle:20210409141915j:plain

 

この派手色の袋が丸見えなのが、

絵的に残念なんだけど、形は使いやすいです。

 

結局、我が家に最適な「ごみ箱」は、

箱じゃなくて、筒だった(笑)~。

 

フタ、早くちゃんと付けなくちゃね。

 

 

 

お手数ですが ↓ のウクレレをポチッとしてくださると嬉しいです。

ありがとうございます♪ 励みになります!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

 

シンプルライフ ライフスタイルブログ・テーマ
シンプルライフ

 

家事の断捨離・家事をラクにする工夫 ライフスタイルブログ・テーマ
家事の断捨離・家事をラクにする工夫