Linen Style

東京のすみっこでのシンプル暮らし

クローゼット見直し、引き出し収納をやめる

クローゼット収納、前回の記事に続いて見直しの様子を書きますね。

長いこと、よくある引き出し収納にしていましたが、 もっと使いやすくならないかな? と考えてみました。


クローゼットは寝室にあるのですが、 この部屋はとっても狭い。

クローゼットサイズの引き出しだと、けっこう大きいから、 かなり手前に引き出す感じになりますよね。

f:id:linenstyle:20190725132450j:plain


で、全部を引き出さなくて済むように、 手前をシーズンもの、奥をオフシーズンものと分けていました。

これなら、半分引き出せばいいわけです。

それにしたって、やっぱり引き出しは狭い部屋には向かないですね。 クローゼットの中の掃除のときも、引き出しを動かすのが大変だし、 引き出しそのものの掃除も、年に1回しかしないとはいえ、面倒。

で、ニトリでフェルト調(?)のフタなしボックスをいくつか買って (これも無印で揃えるとかなり金額がいっちゃうしねー)、 入れ替えてみました。

f:id:linenstyle:20190725132453j:plain


足りなかったから、持っていた他の箱も追加して、 なんとか収まりました。

こうしてみると、いままでの引き出し、あんなに高さがいらなかったんだなぁ。 前よりずっとコンパクト。

引き出す動作がいらなくなり、一目で手持ち服がわかり、 管理が楽になりました。

一応、日々着ている服を上に重ね、オフシーズンものは下の段にしました。 これでホコリよけにします。

不要になった引き出しは、やっぱり“大改善中”の納戸で使うことにしました。